menu メニュー

当たる無料占い 大占館

コラムイメージ

2021/03/03

「大学卒業を機に美容整形したい!」フィフィがズバッと回答

人生・人間関係 人生
フィフィによるお悩み相談コーナー、第8回です!
 
今回の相談内容は、「大学卒業を機に美容整形をしたい」というもの。
 
さっそく、相談者からのお便りを紹介します。
 

(一部抜粋)
フィフィさん、こんにちは。
私は今年大学を卒業する女です。容姿にコンプレックスがあり、とても悩んでいます。
 
私は小さいころからずっと“ブス”と言われ続けてきました。
親にも言われるし、彼氏なんてできたことがありません。この顔のせいで、恋愛どころか、ろくな人生を送れていないと思っています。
 
なので、思い切って、顔を整形したいんです。
大学を卒業して就職すれば人間関係が新しくなりますし、春休みに手術してしまえば周りにバレにくいと思います。
 
でも、整形するには、バイトで貯めた貯金だけでは足りません。借金をしてでも手術費用を捻出するのは、無謀でしょうか?

 
 
綺麗になりたい、可愛くなりたい……。
恋をしている人はもちろん、そうでない人も、多くの人が根本的には同じ悩みを抱えていますよね。
 
上記のお悩みに、フィフィがザクっと回答します!
 

整形はあくまでも“ひとつの手段”


相談者さんは「美容整形をして自分を変えたい」とのことですが、実際イケてるように見せるためには、顔の造形だけではないと思うんですよね。
 
人の美しさは、髪型やファッションなどトータルの雰囲気だと思います。
 
自分の特徴や個性を活かすには、どんなオシャレがあるか、どんな立ち振る舞いや話し方をするか。
 
それだけで印象は十分変わるんですけど、そもそも自分をうまくプロデュースするのは難しいですよね。
 
自分自身が客観的に見えていないと、自分に合うものすらも見つかりません。
 
ただ、上記の方法ではカバーしきれないほどのことがあるなら、美容整形で変えていくのも仕方ないと思います。
 
どうしても他人の目についてしまうようなコンプレックスがあって、第一印象で損をしているとか、自分がポジティブになれないのなら、直したほうが良いでしょう。
 
また、最近ではよく言われることですが、美容整形で自分が前向きになれるのなら手術することはおかしいことではないと思うんです。
 
 

「全ての答えがここにあります。」
【あなたという人間×宿命×歩む人生】幸福指南録

 
 

お金だけじゃない!美容整形で後悔しないために


美容整形にはお金がかかります。整形する箇所や方法によっては、とても高額になります。
 
借金をしてまで、今すぐにする必要があるのなら、したら良いと思います。
 
美容整形によって前向きになって、借金を返すことが仕事のモチベーションになるなら、あなたにとってその借金は苦にはならないでしょう。
 
ただし、整形手術は基本的には後戻りはできません。
 
後悔しないように、じっくり考えて、そしてちゃんとしたクリニックを探して、ドクターとしっかり相談をする。
美容整形は軽い気持ちでするものではありません。
 
また、 “美容整形をしなければ魅力的になれない”わけではないこと、それだけは覚えておいてください。
 
逆に言えば、美容整形をすれば魅力的になれるわけでもない。
 
つまり、美容整形はほとんど自己満足なんです。
 
大切なのは、「美容整形をしてあなたが満足して前向きになれるか?」ということ。
 
だから、本当は今からだってあなたは変われます。
今のあなたのままで自分にどんな魅力があるのか、探すことも忘れないでくださいね。
 
 
 

【無料で占う】今あなたを救う3つのポイント

 
 
 
--------------------------
今回の回答は以上になります。
 
フィフィのお悩み相談コラムは毎週更新!
次回は3月10日(水)更新予定、どうぞお楽しみに♪
 

 

コラムを読んでくれてありがとう!
 
春からの新生活に向けて、自分自身や将来のことを見つめなおしてみてくださいね。
そして、今回おすすめの占いはこちらです!
 
 
 

 

将来・未来・人生に関するオススメ占い【一部無料】


●大人気メニュー!
幸せになりたい。今知ってほしい【本当のあなた】人生好転SP占
 
●話題沸騰中のおすすめメニュー!
当たる口コミ殺到の近未来占! あなたの人生、次に○○が起こります

コラムニスト紹介

フィフィ_話者画像

フィフィ

1976年、エジプト・カイロに生まれ。テレビ、ラジオ、ウェブメディアで活躍中。2歳のときに家族で日本へ移住、中京大学情報科学部卒、卒業後渡米し、帰国後に日本の音楽関連企業に就職。その後、ニックネーム「ファラオの申し子」としてタレント活動を開始。2011年の「アラブの春」に際して綴ったブログで注目を集め、以来、国内外の社会問題について鋭い発言を続けている。一児の母。著書『おかしいことを『おかしい』と言えない日本という社会へ』『日本人に知ってほしいイスラムのこと』(ともに祥伝社)YouTube(FIFI official YouTube channel)でも活躍中!

紹介文をもっと見る

お気に入り登録

このコラムに関するキーワード

関連する占い

コラムニスト